ソリューション事例

【事例】RFIDを活用した部品箱量管理システム

部品箱の全社管理化で適正箱数を把握可能に!

導入事例

企業名:株式会社デンソー様

課題

デンソー様では、部品箱がどこに、どれだけ、どの箱種があるか分からず、
余裕を持たせた保有・欠品を回避する為の緊急手配をすることがありました。
仕入先様への部品箱適正供給、そして遊休箱活用による購入抑制のための量管理が課題となっていました。

ソリューション

<< 部品箱量管理システムを導入 >>butsuryu-10.png

*ソリューション内容は資料ダウンロードにて詳細をご説明!

効果

全社管理化により、「どこに、どれだけ、どの箱種が」あるかが把握可能になり、
・遊休箱の他製造部への転用を可能に
・適正箱数が把握でき、保有数を最小限に

詳しくはお問い合わせ、または資料をダウンロードしてください。
*既存システムとの連携もお気軽にご相談ください。

download.pngのサムネイル画像

*製造業向けカタログポータルサイト Aperza Catalog[アペルザ カタログ] を利用して
カタログ・事例集等の提供を行っております。初回のみ会員登録(無料)が必要です。

関連キーワード

RFID/RFタグ/RFIDタグ/BHT/ハンディターミナル/WEBシステム/WEB検索/部品標準箱/製品標準箱/全社管理/箱種管理/箱数管理/容器管理/RTI/過剰保有/遊休箱活用/空箱供給/適正供給/購入抑制/入出庫管理/在庫管理/所在管理

お見積もり・お問い合わせはこちらから▼

お電話・メール・WEBページから、お気軽にお問い合わせください。

TEL:0566-75-7253 E-mail:si-info@denso-si.com

ソリューション事例

ページの先頭へ