ソリューション事例

【事例】金属製RTI用 RFID国際標準化②

【コマツ様と共同で実証実験】経済産業省 平成28年度 エネルギー使用合理化国際標準化推進事業

実証実験事例

概要

近年、RTI*1 のRFID適用規格であるISO 17364がJIS化(JIS Z 0664)された。
一方、RFIDによる金属製RTI管理のニーズがあるにも関わらず具体的事例がないため、国際標準に基づく効率的な管理の在り方を実証実験することで具体的な運用方法を追求すると共に、ISOに金属製RTI用RFIDのDTR*2 を提出した。
実証実験はコマツ様と共に抽出課題を中心に取組みを実施。

*1 RTI:Returnable Transport Item(リターナブル容器)
*2 DTR:Draft Technical Report(技術報告書案)

実施内容

jikken-2.pngのサムネイル画像

<< コマツ様にて実証実験 >>

*実施内容は資料ダウンロードにて詳細をご説明!

成果

・大容量RFタグはアンテナ配置,フォークリフト搬送速度やタグ数量の合せ込みで実用可能。
・定置アンテナで読書き出来なかった場合のバックアップはハンディターミナルを活用し40秒程で対応でき、改善の余地はあるものの実用可能(約50%がリフトの昇降時間)。
・グローバルバンド対応のRFタグを使用すれば周波数帯相違の海外でも大差なく実用可能。
 また、現地導入するまでに必要な手番や輸出梱包等の課題抽出が出来た。

詳しくはお問い合わせ、または資料をダウンロードしてください。
*既存システムとの連携もお気軽にご相談ください。

download.pngのサムネイル画像

*製造業向けカタログポータルサイト Aperza Catalog[アペルザ カタログ] を利用して
カタログ・事例集等の提供を行っております。初回のみ会員登録(無料)が必要です。

関連キーワード

RFタグ/RFIDタグ/金属対応RFタグ/金属対応RFIDタグ/経産省/ISO規格/920MHz帯/860MHz帯/折りたたみ金属製リターナブル容器/通関/バンニング/デバンニング/インド/ドイツ/輸出入/定置式リーダライタ/定置式リーダーライター/ハンディ式リーダライタ/ハンディ式リーダーライター

お見積もり・お問い合わせはこちらから▼

お電話・メール・WEBページから、お気軽にお問い合わせください。

TEL:0566-75-7253 E-mail:si-info@denso-si.jp

ソリューション事例

ページの先頭へ