ソリューション事例

RFID リーダ・ライタ

RFIDリーダ・ライタは135KHz未満、13.56MHz、433MHz、860~960MHzおよび2.45GHzの5つの周波数帯をそれぞれ読み書きするタイプがあります。
RFIDリーダ・ライタは1次元/2次元シンボルリーダと異なり、周波数の異なるRFタグを自動判別して読み書きするリーダ・ライタはありません。
一般的に広く使用されている周波数は 13.56MHz(HF)と860~960MHz(UHF)です。
433MHzは日本では海上コンテナ識別用途に限定されています。
2.45GHzは無線LANと同じ周波数帯なので混信しないように注意が必要です。
リーダ・ライタは定置式とハンディターミナルがあります。定置式は交信出力に応じて複数のアンテナサイズが用意されています。ハンディターミナルはRFIDと1次元/2次元シンボルの両方が読み書きできるタイプもあります。

ハンディターミナル

BHT-1281QULWB-CE メーカーサイトへ

瞬読 ― 一瞬で遠くまで ―
  • 2次元コード
  • Bluetooth
  • SQRC
  • UHF帯RFID
  • Windows CE
  • カラー
  • タッチパネル
  • バーコード
  • ロングレンジ
  • 無線LAN

BHT-615QUMWB メーカーサイトへ

高速RFタグ読み取りのハンディターミナル、920MHz帯対応に新しく生まれ変わってより便利に使いやすく。
  • 2次元コード
  • BHT-OS
  • Bluetooth
  • RS-232C
  • SQRC
  • UHF帯RFID
  • カラー
  • バーコード
  • 無線LAN

スキャナ

SP1 メーカーサイトへ

読み取り速度 最大700タグ/秒
読み取り距離 約8m
RFIDをもっと速く。
  • 2次元コード
  • Bluetooth
  • UHF帯RFID
  • USB
  • バーコード

UR30 メーカーサイトへ

持っても置いてもRFID
  • Bluetooth
  • UHF帯RFID

SE1-BUB-C メーカーサイトへ

ポケットRFIDで狙い読み
  • Bluetooth
  • UHF帯RFID
  • バーコード
  • 乾電池 eneloop

RFIDテーブルスキャナ(UR20シリーズ) メーカーサイトへ

薄型コンパクト どこでも設置
  • RS-232C
  • UHF帯RFID
  • USB

ソリューション事例

ページの先頭へ